柔軟な対応

Kill Insects

害虫駆除の方法はさまざま

食品会社の害虫駆除をしていると、その対応の仕方はさまざまな方法があります。工場によっては一匹の虫も許さない、という対応をするところもあれば、製品に入らなければよい、という工場もあります。さらには、働く人中心で、夏場は暑さ対策として、窓を開け放った状態で生産をしているところもあります。そのため、害虫駆除業者は、それぞれに応じた害虫駆除方法をとっていく必要があるわけです。その場しのぎの燻蒸処理もあれば、多くのトラップを仕掛けて、侵入経路を特定して完全に遮断してしまう、というシステマティックな対応をする場合もあります。どちらにしても、害虫駆除を依頼者しているクライアントの要望に応える形での害虫駆除を提案することになります。

本来の害虫を駆除する方法

本来、害虫を駆除する手順としては、原因を見つけることが先決です。顧客から相談のある案件として、小さなコバエがいるが何とかしてほしいといった内容の場合、たいてい発生源が存在し、その部分を清掃、除去することで解決するといったことも少なくありません。害虫駆除業者はその虫の特徴を熟知していることで、その対応方法を考えることができるわけです。こういった内部発生の特徴を持った虫であれば内部調査を中心に行い、外部からの侵入が疑われる場合には、建屋の隙間を中心に調査するわけです。もちろん、施工後も再度再発がないかどうかのアフターケアの確認を行い、十分な効果が得られていることを確認して、作業完了ということになります。