駆除による歴史

Kill Insects

昔の農業における害虫駆除方法

日本の農業において、害虫駆除を行う事で、収穫量の増加や農作業の効率が上がったとされています。昔の農業は、害虫駆除に薬剤を用いず、畑やたんぼ周りを農家が歩いて、虫を追い払っていました。また、江戸時代には、鯨から摂取した油を水田等に撒き、害虫駆除する方法が発明され、この方法が昭和時代の初期まで使われたとされています。その後の害虫駆除の方法として、除虫菊を使用したり、石灰硫黄等の殺菌剤を使用したりと、主に天然物を用いた薬剤を使用し、害虫駆除するようになったのです。戦後には、科学技術の発展により、農作物に非常に有効な化学合成農薬が発明されました。この発明により、収穫量が増加し、農作業効率が格段に上がったのです。このように、日本の農業において、害虫駆除は切っても切れない関係であったと言えます。

有機栽培の魅力について

近年の日本農業において、無農薬作物が人気を博しています。人気の背景には、害虫駆除で使用される農薬の成分が関係しています。農薬の成分には、人に対して毒性のある成分が使用されているのです。また、除草を行う際に、除草剤を使用する事で、作業の効率化が計れますが、その除草剤の成分が土壌に良くなかったのです。その影響から農作物に多大な悪影響を与え、社会問題にも発展しました。以上の事から、農薬に頼らない作物が人気なのです。有機栽培とも呼ばれており、農薬や化学肥料を使用しない栽培を言います。自然の恵みを最大限に生かした有機栽培は、人はもちろんの事、動植物や微生物等、多くの命あるものにおいて安心な栽培方法です。以上の事から、日本の環境問題に手を差し伸べる方法であり、国際的にも推進されている栽培方法なのです。